趣味一人暮らし、特技一人暮らし

一人暮らししかできない気がするHSPな人のブログ

色々足りないのはわかってるけど太る恐怖が強すぎる

太るの怖いですか?

私は怖いです。

人生ほとんど小太りで生きてきました。

 

加齢と共にそんな思考から解放され自由になれると思ってたけど

そんなことない。

何歳になっても太った痩せたと一喜一憂、ブンブン振り回されている。

 

偏食は元々だが

2年前、うつで2ヶ月会社を休職した頃に少食になった。

 

休職する前から食べる量が減っていた。

お腹は空くので何か食べようとすると

ムカムカして、食べ物が口に入らない。

無理やり口に入れると、

ムカムカは、もっと強くなって食べたことを後悔する。

吐くことはなかったけど、

だんだん食べる量が減っていった。

 

美味しいとか不味いとか、わからなくなっていた。

味の濃い物が欲しくて、よく食べていたのは、ポテチ。

ビッグサイズのポテチを1日1袋。1日の食事はこれだけ。

ポテチに飽きると、なぜかセブンイレブンブリトー

1日ブリトー2つ。

なのに1日ブリトー1つが正しい食事量で

2つは食べすぎだと思ってた。 

               f:id:brubebe:20210809225942p:plain

当然、痩せた。3か月位で7㎏痩せた。

毎日減っていく体重計の数字を見て喜んでいた。

減らない日は、

「昨日食べ過ぎたからだ、今日は食べるの止めよう」と絶食した日もあった。

人生で一番痩せていた。

痩せている自分の体を生まれて初めて見た。

嬉しかった。ただただ嬉しかった。

栄養不足とか肌荒れなんてどうでもいい。そんなのとるに足らないこと。

痩せていることが一番大事なことだった。

やっと痩せてる自分を手に入れた。                                             

              f:id:brubebe:20210809230038p:plain

休職に入る前、会社で同僚が「太った?」と聞いてきた。

その場面が記憶から消えない。

その頃から食べる量が減っていった気がする。

 

その同僚とは仲良くて、

お互いズケズケ言い合うのが日常で

傷ついたとかそんなんじゃないのに。

その同僚が太ったときは、

「ラーメンばっか食ってっから太るんだよっ」と私。

 

ランチ後、食べ過ぎて膨らんだ腹を

階下にいる私にわざわざ見せに来たことがあった。

「見てみて~ おめでた?って聞かれちゃった~笑」

爆笑するぐらいお腹が膨らんでた。

「どんだけ食ったんだよ?」とゲラゲラ、笑いがとまらなかった。

「大盛ラーメンと餃子とチャーハン♪」

「食いすぎっ!!!」

同僚も笑いながら他の人にも「見てみて~」と

膨らんだお腹をみせてまわってた。

いつも笑わせてくれる彼女のことは大好きで、

そんな同僚の言葉がなぜそんなに記憶に残ってるんだろう。

 

忘れられない言葉。

何年かぶりに会った妹の第一声「いつまでたっても痩せないね。」

妹は、痩せている。

高校生の頃、母親に言われた言葉。

「容姿がみっともない。」

白いパーカーを着ていた私に

「そんな風船みたいな恰好して・・。」

 

家族に言われた言葉は、頭に心にこびりついている。

なかなかとれない頑固なカビみたい。

言った方は覚えてないだろうし、

今さらそれを言及するつもりもない。

 

体重計に乗る時、ハイカロリーなものを食べる時、

試着した洋服がきつくて入らない時、この言葉がループする。

 食べることに罪悪感を持つようになったのは、いつからだろう。

   f:id:brubebe:20210809230433p:plain

 うつの休職から復帰した時、先の同僚は、ガリガリになった私を見て

「老けた。10歳は老けたね。」と言った。

顔色が悪くて首がシワシワなのは、気づいてた。

道ですれ違う人が、ぎょっとした顔するのが不思議だった。

会社でやたらと心配された。

やっと、ヤバイ痩せ方をしていることに気がついた。

 

徐々に体重は増えていった。

老けっぷりも解消した。首のシワも改善した。

すれ違う人にぎょっとされることもなくなった。

 

今。

痩せたい。

「みっともない容姿の風船みたいにふくらんだ」自分に近づいてる気がして。

2年前のガリガリに戻りたいと思ってしまう。

あの病的な痩せ方が良くないのは、わかっている。

でもそれでも戻りたい自分がいる。

 

矛盾してる。

たくさん食べられる人を本気でうらやましいと思う反面、

食べてはいけないと思う。食べることは悪と思ってしまう。

わかってる。

栄養が足りない。タンパク質、ミネラル、糖分、鉄分、何もかもが足りない。

足りない栄養より太る恐怖に支配される。