趣味一人暮らし、特技一人暮らし

一人暮らししかできない気がするHSPな人のブログ

なんにもない私のこれから

退職した。

適応障害で休職中で8月から復職予定だった。

パワハラが原因。

私の休職中、パワハラについて会社が対処してくれるだろうと

淡~~~~い期待をしていたが、

期待は、見事に打ち砕かれた。

淡~~~~い、期待でとどめておいてよかった。

 

復職するにあたって、主治医、産業医の診断が必要。

人事課長同席での診察。

う~ん、、と復職の判断ができない主治医。

そりゃそうだ。

前回の診察で復職の条件として

部署異動もしくは指揮命令系統の変更をあげていたのに

会社は何もしていないのだから。

 

それでも復職可の診断書を書いてもらった。

復職は、患者本人の意思によるところも大きいので結局は、私次第。

正直なところ復職したくない、

と言うより、もう会社員はやりたくない。

会社員とは、会社の奴隷という意味だったね。

                                                                 f:id:brubebe:20210805210630p:plain 

世は、資本主義、金がなきゃ生きていけない。

確実に金を得る方法は、労働だ。

 

私には何にもない。

財産もスキルも人脈もな~んにもない。

支えあえるパートナーもいない。

ないないない。な~んにもない。

どっかに雇われて金を稼ぐしかない。

私を雇ってくれている(?)会社にしがみつくしかないのか。

パワハラされても

ずーっと給料があがらなくても

ボーナスも退職金も出なくても。

 

そんな私の心中がわかったのか、

診断書をもらった後、人事課長が話があると。

 

「経済的な不安はわかるが体のことを1番に考えて」

みなそう言うよね。

そんなこと、課長のあなたより長く生きている私が

わからないわけないだろう。

さっさと会社辞めるのが最良だってこと。

だけど辞めたらその後の生活はどうする。 

代わりにあなたが家賃を払ってくれるのですか。

 

「あなたのためを思って」大嫌いな言葉。偽善語。

                                                                  f:id:brubebe:20210805210733p:plain 

課長相手につい攻撃的になってしまった。

攻撃的な私の話は冷静に聞いて(スルーして)

退職後しばらくは、なんとかなると教えてくれた。

今、もらっている傷病手当金は、退職後も引き続きもらえる。

支給期間最長1年6か月。

期限まではもらいましょう。

 

利用できるものは利用する。

国の制度は、最大限に利用する。

 

退職後どんな手続きをしたらいいか話してくれた。

利用できるものは利用しまくって、

余裕のある暮らしじゃないけど、1年位は生活できるはず。

その間に体調を整え、次の道を探せばいい。

話を聞いてるうちに、

復職せずこのまま家でのんびりする自分の姿を想像していた。

 

休職中、心休まった日は1日もなかった。

いずれ戻る会社のことを考えない日はなかった。

パワハラ上司、その上司の下で好き勝手する肉女。

そんな人間が評価される会社。

会社の未来のことを考えて正しいことをしようとした人、

自分の意見を通した人、みな辞めて行く。

辞めないと私みたいになる。

 

そんな場所に戻るのかと思うと体も心も休まってなかった。

でも、退職して悪の根源と縁が切れたら、

その時はじめて心身ともに休めるのではないか。

楽しいと思えることが見つかるのではないか。

 

復職するための診断書をもらった30分後

「退職します。」と人事課長に言った。

 診断書、4400円も払ったのにな。。

                                                                            f:id:brubebe:20210805210834p:plain 

退職したが、書類の手続きが終わってないし

会社に置きっぱなしの私物も取りに行かないといけない。

 

休職中一番迷惑をかけてしまった派遣の人。

なのにこんな私の復職を待っててくれた。

 

スーパーマンな前の上司。

スーパーマンは、困ってる時絶対助けてくれる。

いつでも冷静で公平。

誰かと違って、

自分の直部下だという理由で態度も判断も変えない。ぶれない。

だから信頼できた。

どっかから降ってくるパワハラは、

スーパーマンが対処してくれたから私の傷にならなかった。

スーパーマンが上司のままだったら休職しなかった。

 

二人に会ってありがとうを伝えたい。

二人がいるからなんとかやってこれた。

二人があの会社にいる間は、私も頑張りたかったんだ。本当は。

何にもない私だけど、

二人がいるから、私にもできることがあった。

 

まだ心情的にあの会社と縁が切れてないみたい。

ほんとうに縁が切れて休めたら、

その後、考えよう、これからのこと。

 

人生の折り返し地点は過ぎている。

なんとかなるだろう。あと20年位なら。

生命線がとっても長いので

20年じゃ終わらない気がムンムンするのは置いといて。

まずは、事務手続きのため役所回りだ。